消費者金融の審査で落ちる人の共通点。

消費者金融の審査に落ちる人、通過する人には大まかな特徴があるものです。

言い方を変えれば、落ちる人は無理をしている人、通過する人は無理をしていない人となります。
最終的に融資の可否を決定するのは金融機関ですが、落ちる人は希望額が大きいことが多いです。

キャッシングの融資について

キャッシングは好きなだけ借りられるローンではなく、業者が判断する返済能力より少ない金額で融資されます。

消費者金融は年収の3分の1を上限として借入できますが、必ずこの金額まで借入できるとは限りません。
100万円を借りるには年収300万円あれば条件を満たせますが、はじめての契約で100万円を希望しても簡単には借りられないのです。

契約前の段階というのは、信用力がまだ低いと考えていいでしょう。

一度も契約がない場合

過去に利用していて一度も遅れずに完済するなどの履歴を作っていれば別ですが、一度も契約したことのない業者から借りる場合は少ない金額からスタートするのが普通です。

最終的に高額を借りられる可能性はありますが、初契約の段階では難しいというわけです。

そのため最初は無理をすることなく、少ない金額から申し込んでいきましょう。

具体的には50万円以下が好ましく、この金額を超えてしまうと消費者金融の審査における難易度は上がってしまうのが普通です。

キャッシングコラムを見ると審査の難易度は事前に決まっているように思えますが、最終的に判断するのは業者スタッフなのです。

最後は人間が判断


コンピュータである程度の判断をしますが、最後は人間が判断するので基準は曖昧と言えるでしょう。

一つ言えることは希望額が少ないほど借りやすいので、今必要な分だけを借りるのがコツです。

特に他社のキャッシングを利用して慣れている方ほど、新規契約の業者から高額を借りようとする傾向があります。

たくさん利用枠があったほうが便利で安心できるという考えからですが、希望額を大きくすれば審査に通過しにくくなりますし、借りすぎてしまう心配もあるでしょう。

100万円まで利用できるキャッシングにおいて、10万円の利用に抑えておくのは簡単そうで難しいのです。

ついつい甘えが生じてしまって、10万円を超えて借りてしまう方が多いはずです。

利用枠契約でのメリット

最初から10万円の利用枠で契約しておけば、それを超えて借りることはできません。

使いすぎを防げるメリットもあるので、最初は少ない金額から申し込んでいきましょう。

消費者金融は借りやすい金融機関と言われますが、借入件数に対しては以前よりシビアになっています。

昔の消費者金融は希望額・他社借入件数が多くても借りられることが多かったですが、最近は落ちるケースも目立っています。
総量規制、グレーゾーンの廃止などの影響によって、以前よりハードルが上がったと言えるでしょう。

これは利用者が安全に利用するための配慮ですが、借り手側としては思い通りの金額を借りられないので不便と感じる方もいます。

年収に対して問題の上限

ただ年収の3分の1以内という上限は、キャッシングでは問題ない金額と言えるでしょう。

年収300万円だと100万円まで借りられますが、この金額で日常的に不足するケースはまずありません。

飲み会費用が足りない、友人の結婚式の出席費用が足りない、といった状況で100万円も必要ないはずです。

借りすぎを防げるという点において、以前より今の消費者金融のほうが使いやすいと言えます。
借入件数は多くなるほど審査に落ちることが多くなるので、借入先はむやみに増やさないことが大切です。

2件以上から借りていれば多重の状態になりますから、返済に面倒が生じてきます。

同じ金額を借りるなら2社よりも1社のほうが楽なのは間違いありません。

お金は借りたあとに必ず返済する必要があるので、返済しやすいローンを選ぶようにすれば失敗しないでしょう。
他社借入件数は0社が好ましいですが、1社くらいなら借入できることが多いです。

ただし、その1社で総量規制の限度額に達している場合については、新規の借入をすることはできません。

過去の延滞、過去5年間の債務整理がある場合も落ちてしまう可能性が高いです。

延滞・債務整理の履歴は注意

個人信用情報に延滞・債務整理の履歴が残っていると、審査で不利になってしまいます。

お金を借りるには信用が必須なので、信用力を損ねるような過去があれば借りにくいと言えます。
延滞の情報については他社も閲覧可能なため、延滞がないと嘘をついてもバレるので注意しましょう。

かつての消費者金融は年収を多めに申告しても借りられることが多かったですが、現在は厳しくなっています。

特に収入証明を提示される場合は、年収はその場でバレてしまうでしょう。

50万円未満の借入だと収入証明が不要なことが多いですが、信用力が低いと判断されれば提示を求められることもあります。
いずれにしても借りすぎないことを意識し、最小限の金額で申し込んだほうが借りやすいと言えます。
希望額を大きくせずに最小限に抑えることが新規業者から借りるコツなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です